TOP台湾ツアーTOP > おすすめレストランやグルメ情報
台湾グルメ・レストラン情報

台湾のおすすめレストランやグルメ情報

ぜひ食べておきたい定番グルメと穴場スポット10選!
鼎泰豐 台湾と言えば屋台で食べるB級グルメが観光の目玉とお考えの方が多いのですが、グルメ王国と呼ばれる台湾には、屋台以外にも様々な美味しいレストランや有名店が多数あります。例えば、台北には日本でも有名な小籠包のお店「鼎泰豐(ディンタイフォン)」の本店があり、また台湾を代表する麺料理「担仔麺」の有名店「阿美飯店」があったりと、台湾ならではの家庭的な料理が食べられるおすすめのレストランが多数あります。

日本ではなかなか食することのない「へちまの蒸し物」や「サバヒーの姿焼き」など、台湾独特の家庭料理に食べずして台湾グルメは語れないといっても過言ではなく、肉類と海鮮を中心とした台湾グルメにきっと舌を唸らせること間違いないでしょう。そんなおすすめレストランや定番グルメをご紹介いたします。もちろん、こちらで取り上げるお店以外にも美味しいお店はたくさんございますので、グルメ探索をしてみるのも台湾旅行の醍醐味かもしれません。

台湾でぜったい食べておきたい定番グルメ

胡椒餅(フージャオビン)

胡椒餅(フージャオビン)

台湾B級グルメ(台湾小吃[シャオチー])の代表格と言えるのが、胡椒餅(フージャオビン)で、日本で言う肉まんに近い食べ物ですが、胡椒をきかせたたっぷりの豚肉とネギを餡で包み、外側の皮はパイのようにパリッとしているのが特徴です。台湾全土でお店や屋台がありますが、台北の饒河街観光夜市にある福州世祖胡椒餅が有名です。

牛肉麺(ニュウロウメン)

牛肉麺(ニュウロウメン)

たっぷりの牛肉をじっくり煮込んだスープに太目の小麦麺が特徴の牛肉麺は、台湾を代表する料理で、台北だけでも約2,000件近い店舗があると言われています。大きな牛肉が惜しみなく入っているのが特徴で、ピリ辛スープからラー油たっぷりの辛目の物までメニューは豊富です。台北では神仙牛肉麺や永康牛肉麺館、林東芳牛肉麺が人気店です。

魯肉飯(ルーローファン)

魯肉飯(ルーローファン)

地元台湾の人々にも人気のご当地グルメと言えばこの魯肉飯です。豚肉細切りにして、甘辛い醤油ベースの煮汁でじっくりと煮込み、ご飯のうえに乗せた豚そぼろ丼のようなイメージです。脂身を多く含んでおりますのでコッテリ派にはまさに絶品。お店によって煮汁の味付けは様々ですので、色々な味わいを楽しめます。台北の丸林魯肉飯や金峰魯肉飯などが有名です。

蚵仔麺線(オーアーミーソァ)

麺線とは日本の素麺に似た台湾オリジナルの細麺で、蚵仔麺線はかつおを主とした「魚介だし」がしっかりと利いた牡蠣入り素麺です。中でも人気なのが阿川蚵仔麵線の綜合麺線で、たっぷりの牡蠣と豚の大腸が入った食べ応えのある料理です。麺線のお店でもっとも有名なのは、台北の「阿宗麺線」や「阿川蚵仔麵線」ですが、台南でも林記蚵仔麺線や老全蚵仔麵線が知られています。

蚵仔煎(オアジェン)

台湾の代表的国民食の一つ蚵仔煎は、牡蠣入りオムレツとして日本でも有名で、プリプリの牡蠣を卵でとじて、サツマイモの粉(片栗粉のようなもの)でとろみを付けたあんかけ甘辛ソースと一緒に食す贅沢なオムレツです。牡蠣の食感と甘辛ソースが絶妙に絡み合い、やみつきになること間違いなし!台北寧夏夜市そばの圓環邊蚵仔煎が有名です

芒果雪花冰(マングォシエホワビン)

芒果雪花冰(マングォシエホワビン)

台湾の代表的スイーツとなるマンゴーかき氷です。4月から10月くらいまでがマンゴーのベストシーズンと言われており、シーズン外は休業している店舗も多くあります。雪花冰は氷自体に甘く味が付けられており、フワフワに削られた氷の食感とマンゴーの甘みがベストマッチ。その他、イチゴミルクかき氷などもありますので、色々なフレーバーを楽しむことができます。台北では、士林夜市の氷専門店「辛發亭(シンファーティン)」や双連駅そばの「冰讃(ビンサン)」が有名です。

茶葉蛋(チャーエイダン)

台湾のセブンイレブンなどコンビにの店内でも販売されている国民食「茶葉蛋」は、醤油ベースのだし汁に茶葉や香辛料を入れて卵を殻ごと煮込むというシンプルな料理ではありますが、八角の独特の香りが好き嫌いの分かれるところで、現地の人は日本のコンビニでおでんを買うような感覚で気軽に食べています。コンビニのほか、夜市など至るところで売られていますが、微妙に味付けが異なりますので様々な風味をお楽しみいただけます。

臭豆腐(チョウドウフ)

言わずと知れた台湾を代表する揚げ豆腐料理で、字のとおり独特な強い香りが特徴のB級グルメです。納豆菌などを含んだ発酵汁に漬け込んだ豆腐をカラッと揚げて、辣椒醬や甘辛ソースなどをかけて食べるのが一般的。写真のように激辛の麻辣スープで煮た「麻辣臭豆腐」なども人気で、台湾人の多くが普通にランチタイムなどで食べています。台湾各地の夜市や路面店などで多数販売されており、臭豆腐バーガーなど、具材を臭豆腐で挟んだものなども人気です。

鳳梨蝦球(フォンリーシァーチゥ)

鳳梨蝦球(フォンリーシァーチゥ)

わかりやすく言うとエビマヨの台湾版で、日本ではエビのパイナップル炒めなどと紹介されることが多いです。台湾ではポピュラーな料理で、焼飯店の多くでメニューが用意されています。蝦球(シァーチゥ)とはエビ団子のことで、エビのから揚げをマヨネーズやフルーツソースなどで和えてパイナップルと合わせた料理で、一見組み合わせが悪そうに思えますが、実際に食べると病みつきになる方が多いようです。