SSL グローバルサインのサイトシール
SSLとは?
電子旅行取引信頼マーク
オーバーシーズ・トラベルTOPカナダツアーTOP > タテゴトアザラシ鑑賞の注意点とよくあるご質問

タテゴトアザラシ鑑賞の注意点とよくあるご質問

タテゴトアザラシ観察のQ&A

タテゴトアザラシ Q.アザラシを見ていて突然吹雪いたり天候が悪化した時は?
⇒A.常に係員が気象情報には注意しています。

Q.流氷が割れたりするような事はないのですか?
⇒A.まずありませんが、万が一の場合に備えて流氷上では最も頼りになる元アザラシ猟師のガイドが、常時待機して私達の安全を見守ってくれています。

Q.防寒具・長靴などのレンタルはあるのですか?
⇒A.お客様を不十分な装備で流氷上に行かせないため、また十分に楽しんでいただけるよう無料でご用意してあります。 (サイズも十分に揃っています)手袋・帽子はご自身でご用意下さい。

Q.アザラシの赤ちゃんに触れる事はできるのですか?
⇒A.貴方のその手で体感を感じてみて下さい。ただ、あまりの愛らしさに抱き上げてしまうと、そこで匂いの道筋が消えてママアザラシが赤ちゃんを見つけられなくなってしまうのでご注意下さい。

Q.アザラシの赤ちゃんが白い毛につつまれているのは、たった2〜3週間だけなのに本当に見られるのですか?
⇒A.一年の大半を北極海で回遊生活をしているアザラシは、決まってこの時期(データーによると2月末頃)この流氷雪原に出産のために集まってきます。しかし、出産後の2日間は保護のため観察する事が出来ません。

タテゴトアザラシ観察の注意事項

タテゴトアザラシ 下記は皆様が安全に楽しく過ごすための注意事項です。必ずお読みいただき、ご理解下さいます様お願い致します。

ヘリコプターについて

・ヘリコプターには係員の指示があるまで近づかないで下さい。
・ヘリコプターに近づく時は、必ず機体の前方のパイロットの視界に入る向きから頭を低くして、プロペラの下を通る時には充分にかがんだ姿勢をとって下さい。また、機体後部の縦に付いているローター(回転翼)は危険ですので、機体後部には絶対に近寄らないで下さい。
・ヘリコプターに乗り降りする際に、浮水用フローターの上に乗らないで下さい。また、先のとがった物(ストックなど)をフローターに近づけないで下さい。
・座る座席は係員が指示しますので従って下さい。座席に着いたら必ずシートベルトを着用して下さい。到着しても指示があるまでは、シートベルトをはずさないで下さい。まれに氷の状態が悪い時など、再浮上することがあります。
・機内と機体周辺は禁煙です。
・ヘリコプターのそばに飛ばされそうな物を置かないで下さい。
・来た時と同じヘリコプターで戻ることになりますので、機体の特徴を覚えておいて下さい。

アザラシについて

・おとなのアザラシから10m以内に近寄らないで下さい。
・こどものアザラシに触れることはできますが、抱き上げたり移動させたりしないで下さい。
・気がたっているこどものアザラシには、手を触れないで下さい。
・親アザラシが子のそばにいる時は、子のアザラシを親から離さないで下さい。

氷上での滞在について

・ガイドの声や目の届かないところへは行かないで下さい。
・担当のガイドをおぼえ、いつも近くにいるようにして下さい。
・仲間の一員として行動を共にし、自分勝手な行動はしないで下さい。
・スキーのポールで氷を良く調べて下さい。またポールを置きっぱなしにしないで下さい。
・指示がある時以外は、氷の割れ目や圧力でもりあがった氷の峠を越さないで下さい。
・水のある部分、圧力でもりあがった氷の峠、氷間の水路、濡れて湿っているところ、暗色の氷の部分は避けて下さい。
・到着したばかりでも氷から離れる指示があった場合はすぐに従って下さい。ガイドは常に皆様の安全を第一に考えています。

※あくまで野生動物の生態を観察するものですので、気候その他、彼らの生態に影響を及ぼす環境的要因により万一の場合ご覧いただけない場合もあります事を予めご了承下さい。


タテゴトアザラシ観察の準備(持ち物)

タテゴトアザラシ 防寒着
ムスタングスーツというつなぎ型の防寒着と長靴をご用意(無料)しております。サイズも豊富にあります。ムスタングスーツは万が一、氷が割れて海に落ちた際の救命具も兼ねています。中にはセーターや暖かい下着、厚手の靴下などを着用して下さい。また、外と屋内の温度差も激しいため調節しやすい服装を心がけて下さい。

手袋・帽子
流氷上は摂氏0度からマイナス20度くらいになります。特に寒いのは顔と手足ですので防水された手袋、耳まで覆える帽子をご用意下さい。毛糸の手袋は氷を触れて濡れた際に凍傷の危険がありますので、避けて下さい。

サングラス
紫外線から目を守るのと、風で細かな雪粒が目にあたって眼球が傷つくのを防ぎます。スキー用のゴーグルでも代用できます。

電池・バッテリー
寒冷地のため消耗が大変早くなりますので、耐寒性能が高いものやスペアを必ずお持ち下さい。服の中などに入れ体温で暖めておくと良いでしょう。また充電式のビデオのバッテリーは小型のものですと5〜10分でなくなります。

カメラ、フィルム
氷の上は反射が強く明るいので、フィルムの感度はISO100で充分です。望遠レンズは80〜300ミリまでのズームレンズが便利です。

防寒具
携帯カイロなどは現地では手に入りませんので、手袋や長靴の中に入る小型の貼るタイプが便利です。

その他
日焼け止めクリーム、リップクリームなど。その他は各自で工夫してご用意下さい。


タテゴトアザラシ鑑賞 人気おすすめツアー

タテゴトアザラシ鑑賞ツアー

たてごとアザラシの赤ちゃんサファリ 8日間 〜マドレーヌ島滞在 朝食付き〜

たてごとアザラシの赤ちゃんサファリ 8日間 〜マドレーヌ島滞在 食事付き〜

ツアーお申込みからご予約完了までの流れ ※所要10分程度
ツアー申込みの流れ