コタキナバル

基本情報

マレーシア
正式国名
マレーシア  Malaysia
面積
330,338k㎡
首都
クアラルンプール  Kuala Lumpur
民族構成
マレー系60%、中国系30%、インド系8%、その他2%。
移民は全体の約2割を占め、出身国はイギリス、ニュージーランド、中国、イタリア、ベトナムが多い。
言語
マレー語(公用語)、中国語、タミル語。
独特の言い回しをするオージー・イングリッシュが有名ですが、都市部ではイギリス英語を話す人もいる。
通貨
リンギット(MYR)。
時差
日本より1時間遅れ。
宗教
イスラム教が国教であり、マレー系を中心に広く信仰されている。中国系は仏教、インド系はヒンドゥー教が多い。
祝祭日
1月1日 新年
旧暦1月1日・1月2日 チャイニーズニューイヤー
ヒジュラ暦第3月12日 ムハンマド聖誕祭
5月1日 メーデー
5月の満月 ウェサックデー(釈迦誕生日)
6月第1土曜日 国王誕生日
8月31日 国家記念日
ヒジュラ暦第10月1日・2日 イスラム断食明け
ヒンドゥー暦6月 ディーパバリ
ヒジュラ暦第12月10日 メッカ巡礼際(犠牲祭)
ヒジュラ暦第1月1日 イスラム新年
12月25日 キリスト誕生日
上記以外に州ごとにスルタンの誕生日を祝う祝日、タイプーサム、2月1日は連邦領記念日(連邦領のみ)が地域に応じた祝日となる。祝日が日曜日に重なるものは、翌日が振替休日となる。

現地最新情報(NEWS)

パスポート残存有効期間(日本国籍の場合)

入国時6ヵ月以上必要。

おすすめ観光情報

コタキナバル

サバ州の州都コタキナバルは、森と海に囲まれたボルネオ島の玄関口。キナバル自然公園を初めとして、市内に滞在しながら日帰りでも観光や自然体験ができる。海辺には大型リゾートもあり、マリンアクティビティを楽しむことができます。

キナバル自然公園

ラフレシア
キナバル自然公園

世界遺産(自然遺産/2000年登録)。東南アジア最高峰のキナバル山(4095.2m)とその麓のキナバル自然公園には多種多様な植物や鳥、昆虫などが生息し、非常に貴重な生態系が残され、絶滅の恐れのある種の育成地としても重要な場所となっています。山麓の公園周辺には自然散策用のハイキングコースや山岳植物園があり、食虫植物のウツボカズラやキナバル固有のランなど、珍しい植物を堪能することができます。運がよければラフレシアを見ることができるかもしれません。近隣にはポーリン温泉や空中散歩道のキャノピーウォークなどもあります。

ロッカウィワイルドライフパーク
ロッカウィワイルドライフパーク

ロッカウィワイルドライフパークはコタキナバル市内から約30分。ボルネオ特有の動物に出会えます。 通常の動物園とは違い、出来る限り自然に近い状況で動物を保護しています。

キャノピーウォーク
ポーリン温泉・キャノピーウォーク

ポーリン温泉とキャノピー・ウオークウェイは、キナバル国立公園(世界遺産) の中に位置します。 キャノピー(Canopy)とは、英語で「天蓋形のひさし、張り出し」という意味です。吊り橋を支える大木に、周囲を自然観察するための、張り出しが設けられています。